粉のカタマリ。

スコーンは、個性のカタマリ。
みんな違って、みんないい。

​Prologue

スコーンって、ほんと自由。

パンのようにふかふかであろうと

クッキーのようにサクサクのぺったんこであろうと

つくり手が「スコーン」と名付けてしまえば

それは「スコーン」以外のなにものでもなくなるんだもの。



千差万別。

つくり手の個性あふれる

不思議な不思議な、"粉のカタマリ"。

How dou you feel?

個性豊かな、粉のカタマリたち。

おいしさ、気分、過ごし方……
愛しい理由はひとつじゃない。

さあ、今日はどんな個性に会いに行こう?

誰かとおなじじゃなくていい。

誰かより優れていなくていい。

 

つくる人も、あじわう側も

自分が好きなものや

自分で感じたことに

ただ、まっすぐでいてほしい。