ミニエッセイ販売のお知らせ

※イベント終了に伴い、WEB販売をはじめました※

「ITEM」のコンテンツよりネットショップページに飛べます

---------------------------------------


10月20日(土)・21日(日)

暮らしのわくわく展 vol.2」にて

小さなカフェエッセイ

『粉のカタマリ。- 9つの スコーンとカフェの 歩き方 -』

を販売いたします。


「わたしのカフェの楽しみ方」をテーマに

大好きな9つのお店とスコーンにまつわる想いを綴らせていただきました。


・たべものと日用品WAO

・O’keeffe

・kiki:器々

・cafe Capra

・uneclef

・クルミ堂

・おやつ研究所

・HIMADA COFFEE

・歩粉(恵比寿・京都の新店舗含む)


わたしなんかが語るのはおこがましいくらい、皆さんに愛されるお店ばかりですが

わたしらしい場所、として掲載をお願いさせていただきました。


この10年、いつもカフェに囲まれ、何度も何度も元気をもらい救われてきました。

迷惑をかけたことも傷つけてしまったことも、たくさんたくさんあります。

それでも今こうしていられるのは、やっぱりそこにカフェという居場所があったから。


今度は何倍も何倍も大きくして、感謝の気持ちを伝えていきたい。

「カフェが好きでよかった」「カフェに出会えてよかった」

そんな人とわたしもカフェを好きでい続けたいと思っています。


そして何より、一個人であるわたしの突然の依頼にも関わらず、

掲載にご協力いただき、応援してくれたカフェの皆さまに

感謝の気持ちでいっぱいです。


普段メディア発信を好まないのに、快く承諾してくれたお店も

オープン前の忙しい時期にも関わらずたくさん時間を割いてくれたお店も

いつも相談にのってくれて励ましてくれたお店も……。


結局わたしの方がまた、カフェの皆さんに救われてしまいました。

いつも一歩を踏み出す勇気とチャンスをくれるワオさん。

そんなワオさんと一緒に、みんなでつくる「暮らしのわくわく展」です。

当日はわたしも、カフェ部門、焼き菓子部門でお手伝いしています。

ミニブックは、ワオさん正面の焼き菓子の販売スペースで

一緒に販売させていただく予定です。

(…と、言いつつまだ絶賛印刷中なので、

きちんと出来上がるか不安で不安でたまらないのですが…。ヒィ〜!

トラブったらごめんなさい…!)


わたしも、とてもワクワクしています。

(そして心臓バクバクしています)

よかったらぜひ、遊びに来てください。



イベント終了に伴い
WEBと一部掲載店舗様、および
下記書店さんでもお取り扱いいただいております。
蔦屋書店さん(代官山・中目黒・銀座)
千駄木 往来堂書店さん
谷中 ひるねこBOOOKSさん
ジュンク堂書店 池袋本店さん
下北沢 本屋B&Bさん
京都 レティシア書房さん

★日々のカフェ巡りはブログにて★


粉のカタマリ。

スコーンってほんと自由。 つくり手が「スコーン」と名付けてしまえば それがパンのようにふかふかであろうと クッキーのようにサクサクのぺったんこであろうと それは「スコーン」以外のなにものでもなくなるんだもの。 千差万別。 個性あふれる不思議な不思議な"粉のカタマリ"。 そこに込められた、店主のメッセージを 感じたい、伝えたい。

RIN

スコーンの人。
カフェエッセイの制作、ちょこっとライターもやってます。
スコーン求めて全国カフェ行脚。
ザクザク茶色い焼菓子とおいしいカレーが好き。